映画 という 物体 x

『遊星からの物体X』(ゆうせいからのぶったいエックス、 The Thing)は、1982年のアメリカ合衆国のSFホラー映画。 ジョン・カーペンター監督、ターマン・フォスター・プロ製作。SFX担当は当時22歳のロブ・ボッティンで、同監督の『ザ・フォッグ』(1979年)に続いての登板となる。 出演はカート・ラッセルとA・ウィルフォード・ブリムリーなど。 1951年の映画『遊星. 遊星からの物体x (字幕版). 「遊星からの物体x デジタル・リマスター版」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。遊星からの物体x デジタル・リマスター版の上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。. 《キネマ旬報 映画本大賞 第1位! 『ハロウィン』などの鬼才ジョン・カーペンターが1982年に放った傑作sfホラー『遊星からの物体x』の前日譚(たん)。氷魂の中に閉じ込められた. 『遊星からの物体x』っていうんですけどね。 まさか“sfホラーの金字塔”と呼ばれるこの作品をスクリーンで鑑賞できる日が来ようとは! 映画の神様は懐が実に深い!. 「遊星からの」と名の付く作品は2つしかありませんが、実はクリスチャン・ナイビー監督が手掛けた1951年公開の 『遊星よりの物体X』を基にして製作さ. 遊星からの物体Xという映画のラストは、どちらがアレだと思いますか?結局あの後二人は、そのまま死んだんでしょうか? - ホラー・ミステリー 解決済 - /11/13 | 教えて!goo.

01 17:11; 12,110. 1982年ですから、4半世紀以上も昔にこういう映画が作られたということに、敬意を表したいと. 『遊星からの物体x』とかいう傑作sf映画 /5/15 /5/15 映画作品, 映画作品ジャンル, SF, ヤ行 0 429: 映画好き名無し /11/11(土) 15:45:25. See full list on hm-hm.

本書は「キネマ句報 映画本大賞」で第1位を受賞した作品だ。フィルム・アーカイブという仕事の思想や起源、映画のフィルムの素材そのものが映画史で果たした役割、映画を私有化できる時代に映画館が存在する意味など、本書が取り扱うのは広範囲に渡る。. 物体xがイラスト付きでわかる! 「遊星からの物体x」に登場する寄生生物および、それに寄生され異形化した犠牲者の俗称。 または、それを思わせる異形もこう呼ばれることがある。 元ネタは遊星からの物体x。. 宇宙から1基のUFOが飛来し、地球の大気圏で炎上し、墜落します。それがどの時代でどこに落ちたのか、UFOのサイズも解りません。 1982年冬 南極大陸。 広大な雪原で、一機のヘリが一頭のシベリアンハスキーを追い、ライフルを連射しています。 アメリカのマクマード基地の隊員たちは、銃声を聞いて屋外に出て、それがノルウェーのヘリだと確認しますが、たった1頭のハスキー犬に手榴弾まで投下する異様な状況に困惑しますが、やがてヘリは基地の間近に着陸し、手榴弾の投下ミスで爆発炎上、犬は隊員たちに飛びつき顔を舐めまわします。 けれど、機体から離れていた1人は燃えるヘリを振り返りもせず、彼らに向かって銃を向け何事か叫びますが、言葉が解らぬうち発砲し、気象学者のベニングスの太腿を撃ち抜き、逃げる犬に発砲し続けます。その時屋内にいた隊長のギャリーが窓から男を狙い射殺します。隊員たちはヘリを消火し、遅れて出てきた飼育係のクラークは犬を保護します。 ドクター・コッパーはベニングスの傷を手当し、主任生物学者のブレアは通信係のウィンドウズに早急に外部に知らせろと言いますが、もう2週間も交信不能だと逆ギレされます。 一同はメインルームに運び込んだノルウェー隊員の遺体を前に状況を話し合いますが、ドクターは来てから8週間で狂うのには早すぎる、基地に異変があったのかもと言い、残りの隊員の様子を見に行くべきだと主張し、ヘリの操縦士マクレディがドクターを乗せ向かうことに。 生き延びたハスキー犬は大人しく、皆が各々の持ち場に戻った後、基地内を静かにうろつき誰かがいる個室に入って行きます。 ノルウェー基地は黒煙を上げ惨憺たる有様で、全てが凍りついていて、隊員は喉を切り裂き自殺したと思しき1名以外見当たりません。ドクターは資料室で撮影済みのビデオを発見、マクレディは基地の奥に氷で作られた大きなプールを見つけ、基地の裏手では異様な姿の何かが凍っているのを発見します。その周辺にはそれを燃やそうとしたと思われる灯油缶が散らばっていました。2人は”それ”を基地に持ち帰り基地内に運び込みますが、ハスキー犬はその様子をじっと窓から見つめていました。 ”それ”は、何体もの人間が苦悶の表情のまま溶け合ったような異様なモノで、すぐに氷解し始め異様な臭気を放っていました。ドクターはブレアに解剖を依頼し、ハスキー犬もその部屋にいて.

「映画本大賞」ベストテン発表!1位は「映画という《物体X》フィルム・アーカイブの眼で見た映画」 年5月6日 17時12分. ちなみにゲーム版「遊星からの物体X episode2」というものがあり、ここでは映画のその後のストーリーが描かれるのですが、ここではチャイルズが人間、マクレディがエイリアンということになっているようです。 ④おまけ 二人ともエイリアン. 原作はジョン・W・キャンベルが1938年に発表した小説『影が行く』で、この『影が行く』は1951年に『遊星よりの物体X』というタイトルで映画化さ. 遊星からの物体xの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン. 「遊星からの物体X」という映画をご存知ですか?南極基地を舞台に、地球外生命体の怪物との死闘を描いたSFホラー映画の傑作です。私も怖過ぎて直視できず、手で顔を覆いながら指の間から観ていた記憶があります。その生命体は、人間や犬の体に取り付くと同化して増殖していくのです。だ.

SFホラーの傑作として熱狂的な人気を誇り、全世界的に多大な影響を与えてきたジョン・カーペンター監督『遊星からの物体X』 (82)がデジタル・リマスター版として復活、36年ぶりにスクリーンで公開となる。. 道具小屋の前でマクレディは、完全に孤立した、春の救援隊を待つしかないと言うドクターやギャリーに、春までには全員が偽物になると言い、ドクターは正常な血液と混ぜる血清テストをすれば偽物が見分けられると言いますが、カギ付きのケースにあった保存用血液バッグは全て破られた後でした。 カギの保管はドクターの担当でしたが、ギャリーを見つめ、クラークもいつの間にか戻っていて、互いになすり合ううち掴み合いとなり、怯えたウィンドウズが非常用ライフルを持ち出すと、ギャリーが銃を向け睨み合いとなります。皆が平静を取り戻すと、ギャリーは疑われた以上隊長を降りると言い、ノリスを指名しますが断わられ、名乗り出たチャイルズは皆に止められます。 彼らは保存用血液の残骸を焼くため外に出て、マクレディは俺はまだ人間で俺を襲えないのはまだ人間が残っている証拠だ、”あれ”は偽物の殻に隠れて同化を進め、安全な勝利を狙ってるんだと言い、嵐が来る6時間後までに決着をつけると宣言します。 映画 という 物体 x そして、まずはドクターとギャリーとクラークに麻酔を打ってテストすると言って銃を向けます。3人はやむなく指示に従い、娯楽室の長椅子に座らされ縛り付けられます。 準備の間、マクレディはテープレコーダーに成り行きを話し、同化する時は衣服を裂くらしく、ノールスが拾った下着の持ち主がまだ誰か解らないと録音していました。 また、テストの方法を考えていたフュークスは、1滴の体液でも同化は可能だから、食べ物も缶詰に限られると言って実験室にこもりますが、停電の中で人影を見て外に追って出ます。彼は雪の上でマクレディの名入りの上着を見つけますが、皆が集まっていた娯楽室には現れませんでした。 異変を感じたマクレディは、ノリスに3人の見張りをさせ、ノールスとウィンドウズを連れ外を見回りに行き、パーマーとチャイルズには屋内を探しに行かせます。 マクレディたちはまず物置小屋に行き、首吊り縄の下で食事中だったブレアにフュークスを見たかと聞きますが、知らないし治ったから出してくれと訴える彼を保留します。が、直後に雪に埋もれたフュークスの焼死体を発見し、ウィンドウズを帰し、消したはずの自分の部屋の灯りが点いてると言いノールスを連れ確認に向かいます。 その45分後、マクレディの部屋の灯りは消えますが2人は戻らず、チャイルズは皆に言って全ての入口にバリケードを築き. 曰く、映画フィルムは牛からできている.

南極基地に現れた恐怖の宇宙生物と12人の隊員たちの死闘を描く本作は、巨匠. 物体xが都市部に連れて行かれてしまう、という続編も観てみたいですね。 『遊星からの物体x ファーストコンタクト』 映画『遊星からの物体x』は続編が作られています。 続編と言っても、内容は『遊星からの物体x』の前日譚です。 ドクターは檻に残った”それ”の解剖をし、これは犬を襲って吸収し犬に変わる途中だったと言い、体内から出てきた犬の死体とイミテーションの犬の頭部を示します。また、生き延びた犬の治療をしながら、クラークにハスキー犬とどのくらいいっしょにいたかと聞き、思い過ごしだと呟きます。 持ち帰ったビデオには、基地から10キロほど離れた場所に、数十メートルもの巨大な何かに爆薬を仕掛け掘り出そうとしている様子が映っていたため、マクレディは地球物理学者のノリスともう1人を連れ調査に向かいます。 それは巨大なUFOで、壊れてクレーターに埋まっていましたが、ノリスは地上に埋まっていた機体が後方散乱により10万年ほどかかって地表に上がってきたと推測し、その側にも氷が四角く切り取られたプールを見つけます。 夜、マクレディは何万年か前に南極にUFOが墜落し、中にいた”生物”が冷凍され、彼らの爆破によって解凍され息を吹き返したのではと話し、パーマーは疑うチャイルズに宇宙からの飛来物は多いんだと突っかかります。また食事係のノールスがキッチンのゴミ箱に古ズボンを捨てたのは誰だ! 映画 という 物体 x とやってきますが、誰も相手にしませんでした。 黙って聞いていたブレアは、その後1人でコンピューターを使いハスキー犬に擬態した”それ”が犬を襲い同化するシュミレーションをし、(基地内への)侵入による同化確率75%、社会に侵入した場合、2万7千時間後には全世界が同化されると言う結果を導き出し、拳銃を身に着けます。 ベニングスとパーマーは、ノルウェー基地から持ち帰った”それ”を物置に運びこみ、マクレディは生物学助手のフュークスに呼び出されます。が、ベニングスだけとなった時、”それ”が不気味に蠢き、血色の粘液が滴り始めます。 フュークスは雪上車にマクレディを呼び、ブレアの様子が変だと言い彼の研究ノートを見せ、「同化するには暗がりで対象生物との接近が必要で、たとえ殺しても滴る液が生き続けている」とあると話します。 マクレディはドクターと一緒にブレアの部屋に行くと言いますが、その時、基地からパーマーが血相を変え飛び出してきます。彼が物置に戻った時、部屋が血だらけで、ベニングスは”それ”の触手に巻きつかれ同化され始めていたのです。 3人が駆けつけた時、物置は元に戻りベニングスは外に走り出していました。警報を聞いた隊員たちも加わり追いますが、. 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(ゆうせいからのぶったいエックス ファーストコンタクト、原題:The Thing)は、年のアメリカ合衆国のSF ホラー映画。 1982年の映画『遊星からの物体X』の前日談を描く。. 映画という《物体x》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画 (立東舎) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – /9/23 岡田 秀則 (著) 映画 という 物体 x 5つ星のうち5.

物体 x は熱に弱く、そして液状になっても生命活動を維持できる、ということで血液検査が実行される。 この映画のハイライトシーンの一つで一人ひとりの名前が書かれたシャーレを一つ一つみんなの前で検査するシーンは映画史に残る名場面だ。. 『映画という《物体X》』刊行記念 上映とトーク 年12月11日(日) 日本で初めて映画の《アーカイブ》を堂々と名乗ったのは、映画の保存機関ではなく、実は「黙壺子(もっこす)フィルム・アーカイブ」だったのではないか。映画評論家佐藤重臣が一本一本築き上げた、実験映画. 出典: 映画 ”The Thing” 公式Facebook. その後、カーペンターの映画の前日談に当たる『遊星からの物体x ファーストコンタクト』という別の映画もメアリー・エリザベス・ウィン. もちろん玉成混合なんですが、いろんなものが出版されていました。子供が多かった時代って、こういう面でもお得だったんですね。いい時代だったんだなあ。 でもって案の定、映画『遊星からの物体x』が見たいという話になりました。. 「遊星からの物体X」人間は、最高の棲みかだった――カーペンター監督が創造した“同化する生命体”の悪夢 1982年6月、人類への接触を図った2種類のエイリアンが登場した。�. 今回は少々趣向を変えて、映画の本の話を。 昨年秋に刊行された「映画とい. 年1月18日 岡田秀則+石原香絵対談 無声映画を無音で見るなんて! 年1月18日 蓮實重彥+岡田秀則対談 スマホ時代の映画体験.

遊星からの物体X(1982)の映画情報。評価レビュー 1012件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:カート・ラッセル 他。 氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に. 本作の前日談を描いた 映画 という 物体 x 「遊星からの物体x ファーストコンタクト()」 という作品も好きですが、こちらは主人公が美人女性です。 でも本作の登場人物は全員貫禄のあるおっさんです。. 彼らは手始めに物置小屋を小型UFOもろとも爆破し、雪上車で基地に突っ込み、各部屋にダイナマイトを投げ込んで爆破し、地下の発電機に向かいます。発電室の中は、溶けた氷で水浸しで所々に小さな炎が上がり、発電機は無くなっていました。 マクレディは、ここも爆破して雪原にすると言い、ギャリーは蓄電室に、ノールスは発電台にダイナマイトを仕掛けるよう指示します。けれど、ギャリーは物陰から現れたブレアに口を手で塞がれて同化され、異変に気付いたノールスも奥に歩き出し、消えます。 マクレディは間もなく一人残されている事に気づき、爆破スイッチを引き上げ、ダイナマイトの導火線に火をつけますが、その時、奥から床板が跳ね上がり凄まじい勢いで何かが迫って彼を跳ね飛ばし、触手を広げ、彼の目の前に巨大な姿を現します。 それは、あらゆる生物が混ざり溶け合った巨大で異様なバケモノで、頭にはブレアだった顔の横に巨大で獰猛な牙のある口があり、その胸部からは犬の上半身や別な口がぬるりと這い出て肉色に濡れ、粘液を滴らせ蠢いていました。 彼はくたばれ!と叫んでダイナマイトを投げ、爆発と同時に全てのダイナマイトが連爆、基地は粉々に吹き飛びます。 爆発を逃れたマクレディは、1本の酒瓶を持ちだし、燃え続ける基地のそばで座り込みますが、そこに無傷で火炎放射器を構えたチャイルズが現れ「1人か?」と聞かれ、「君がいる」と答えて、どこにいたのか訊ねます。 彼は外でブレアを見かけて追ったが吹雪で見失ったと言い、「言っとくが俺は、」と言いかけますが、マクレディは「聞いたところで『そうか』というだけだ」と苦笑いします。立ち上る炎は暖かく2人は暫しの温もりを得ますが、やがて炎が消えて極寒の世界に戻れば死に至ることは明白です。 チャイルズはマクレディの正面に座り「この先は?」と聞き、「ほっとこう」「どうなるか、見るだけだ」と答える彼が差し出した酒を美味そうに一口飲み、2人は小さく笑い合います。 漆黒の闇の中、基地の炎だけが赤く燃え続けていました。. 映画『遊星からの物体x』評判・感想【ネタバレなし】 遊星からの物体X オリジナルのハワード・ホークス版は洒落た会話を交えた小味な佳作だったが、カーペンターはホラーの部分を増幅し、サスペンスの強い秀作に仕上げている。.